Arch Linux

メモ

  • FreeBSDのようでもあり、Linuxのようでもあり…あぁ、ちょっと嬉しい。
  • インストール直後は(特に何も追加していなければ)、Listenポートは何もないようだ。
  • インストール時、Step1でethの設定しておかないとStep5位で進めなくなる。
  • インストール開始時、/srch/setupで開始するのはいいんだけど、その前にkmでKeymapを指定しておくほうがいい。
    • 忘れた場合は、インストールして再起動後、rc.confにKEYMAP=“jp106”を書けばいい
  • Static IP設定はrc.confで。ついでにホスト名の設定もしよう。
  • DNSの設定はresolv.confでいつも通り
    • DHCPが勝手にresolv.confを上書きするので、辞めたい場合は/etc/dhcpd.confにnohook resolv.confを入れる
    • resolv.confはdomain, search, nameserverを手書き。
      • nameserver3つしか書けないらしいんだけど、IPv4/IPv6で2個ずつだとどうなるんだ。
  • ifconfigは入ってないので、ipコマンドを使う
    • ip addr
    • ip route
    • ip -f inet6 route
  • netstatは入ってないので、ssコマンドを使う
    • ss -an
  • 最初はユーザがいないので、簡単に作る
    • useradd -m -G wheel -s /bin/bash yourname
  • パッケージのインストール基本
  • 新しくデーモン(例えばssh)を入れたりしたら、次回以降の自動起動の設定をrc.confのDAEMONSに加える。
    • DAEMONS=(syslog-ng network crond sshd)
    • 追加されたかどうかは、rc.d listで確認できる。(DAEMONSで認識されるのは、/etc/rc.d/に置かれたスクリプトだけだが)
      • <code># rc.d list [STARTED][AUTO] crond [STOPPED][ ] dbus [STOPPED][ ] ftpd [STOPPED][ ] hwclock [STOPPED][ ] krb5-kadmind [STOPPED][ ] krb5-kdc [STOPPED][ ] krb5-kpropd [STOPPED][ ] mdadm [STOPPED][ ] netfs [STARTED][AUTO] network [STOPPED][ ] nscd [STOPPED][ ] ppp [STARTED][AUTO] sshd [STARTED][AUTO] syslog-ng</code>
  • IPv6の設定はnetcfgを入れないと出来ない(?)

IP6=static ADDR6=(2001:db8::1234/64)

GATEWAY6=2001:db8::1</code>

  • RA環境だとGATEWAY6の設定に失敗してこけるので、仕方なくコメントアウト
  • デフォルトのSSHはrootログイン出来てしまうのと、逆引きの設定を調整
  • PermitRootLogin no
    UseDNS no
  • (何故か)openvswitch
  • cd /usr/src/
    pacman -S base-devel
    wget http://aur.archlinux.org/packages/op/openvswitch/openvswitch.tar.gz
    tar xvf openvswitch.tar.gz
    cd openvswitch
    makepkg -s --asroot
    pacman -U openvswitch-1.4.0-1-x86_64.pkg.tar.xz
os/arch/start.txt · 最終更新: 2012/06/12 23:15 by yuki
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0