Storage

データの保存なくして、人生は送れぬ。

  • Filesystem
  • SAN Protocols
      • FC, FCoE, ATAoEは多分取り扱わない。
  • 機材選定
  • RAID
  • 設計
    • 基本ZFSで構成する。
    • システム領域
      • ダウンタイムを極力避けるため、ミラー構成とする。
        • ホットスワップ可とするため、AHCIまたはホットスワップとシステムブート可能な拡張カードを使用し、IDE互換は使用しない。
      • 極力変更を避け、容量は少なめにする。
        • ミラー構成時の同期領域を小さくするため、40GB未満が目安。
        • メモリに対するswap分量と相談しても良い。
    • データ領域
      • データの重要性、要求性能によって構成は自由。
        • データの保全と性能を加味した場合、RAID10とRAID6(RAID-Z2)以外は選択しにくい。
        • どうしてもという場合のみ、RAID-Zを選択することも考える。
      • 一般に販売されているRAIDカードにディスクを接続し、ZFSを構成する場合は注意が必要。
        • ZFSはOSからみえているディスクに対して構成されるため、RAIDカードでアレイを構成しないとZFSを構成出来ない場合がある。
        • RAIDカードによって、ディスクのサイズ、キャッシュ等が隠蔽されてしまう場合、パフォーマンスの低下の可能性がある。
        • 複数のRAIDカードの間でディスクを移動させたとき、RAIDカードによってはディスクを認識できない場合がある。(可搬性の低下)
      • ディスク交換時のメンテ、パラメータ調整の観点から言って、AFTのディスクを選択するのはまだ敷居が高いと考えられる。
        • Physical 4096[Byte]が通知されるHDDであっても、ashift=12にするにはgnopの使用が必要となる。(実機確認済み)
          • ただし、bsdinstallでAutoパーティショニングを行う場合、GPTは勝手に40ブロック取るので、基本的にアライメントは合う。
        • Logical 4096[Byte]を通知するHDDを使うなら、メンテもパラメータも問題無いはずだ。(実機未確認)
        • しかし、元々作成済みのZFSプールのHDD交換を行うという意味では、プールのashiftが変更されないため条件は変わらない。
        • AFTで始めるなら、一からにしなければならない。少なくとも混在は避けるべきだ。
    • バックアップ
    • 復旧
  • メモ
storage/start.txt · 最終更新: 2011/11/03 20:21 by yuki
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0