pdoc 0.1 documentation

PandoraFMS

«  icinga-web   ::   Contents   ::   amon  »

PandoraFMS

統合監視ツール

構成

OS

  • Ubuntu 12.04 Server amd64

Pandora server

  • PandoraFMSのコアコンポーネントサーバ
  • pandorafms.server_4.0.3.deb

Pandora agent

  • PandoraFMSのユーザエージェント
  • pandorafms.agent_unix_4.0.3.deb

Pandora console

  • Webフロントエンド
  • pandorafms.console_4.0.3.deb

パッケージのインストール

# mkdir /usr/src/deb
# cp pandorafms.* /usr/src/deb/
# cd /usr/src/deb
# apt-ftparchive packages . | gzip -c9 > Packages.gz
# apt-ftparchive sources . | gzip -c9 > Sources.gz
# echo "deb file:/usr/src/deb/ ./" >> /etc/apt/sources.list
# apt-get update
# apt-cache search pandorafms
# apt-get install pandorafms-server
# apt-get install pandorafms-agent-unix
# apt-get install pandorafms-console

どちらにしてもMySqlが必要なのでこれも入れる。

# apt-get install mysql-server

初期設定

インストールページにアクセス

  • 基本はWebの指示に従う
  • 設定が上書きされても良いか、というWarningがいくつか
  • 仮のパスワードが発行されるので、控えておく
    • Established privileges for user pandora. A new random password has been generated: XXXXXXXX

インストール後、install.phpを削除

# rm /var/www/pandora_console/install.php

Pandora consoleの初期設定

ログイン ( username : admin / password : pandora )

言語設定

Setup

  • Language code for Pandora : 日本語
  • Timezone setup : Asia/Tokyo

デフォルトパスワードの変更

ユーザ管理 -> admin

  • パスワード : XXXXXXXX
  • パスワードの確認 : XXXXXXXX

Pandora server/agentの起動

この段階だと、監視が開始されていないのでデータベースにサーバがない

Pandora serverにDBの設定を追加

/etc/pandora_server.conf

#dbpass pandora
dbpass XXXXXXXX

起動

# /etc/init.d/pandora_server start
# /etc/init.d/tentacle_serverd start
# /etc/init.d/pandora_agent_daemon start

監視設定

Pandora agentを使用したエージェント(監視ホスト)の追加

WebUIから、モニタリング管理 -> エージェント作成

  • エージェント名 : <監視ホストのホスト>
  • それ以外 : 見たままを設定

Note

ここで設定するエージェント名は、/etc/pandora/pandora_agent.confに記載されるagent_nameを指す。 ただし、デフォルトではホスト名が勝手に使用されるためホスト名と読み替えても良い。 DNS登録とは関係ない。

«  icinga-web   ::   Contents   ::   amon  »