pdoc 0.1 documentation

Arch Linux

«  検証項目   ::   Contents   ::   Debian  »

Arch Linux

メモ

FreeBSDのようでもあり、Linuxのようでもあり...あぁ、ちょっと嬉しい。

インストール直後は(特に何も追加していなければ)、Listenポートは何もないようだ。

インストール時、Step1でethの設定しておかないとStep5位で進めなくなる。

今のインストーラはちょっと面倒。さらっと書く。

loadkeys jp106

cfdisk /dev/sda
  sda1 512MB Bootable
  sda2 512MB Type 82
  sda3 残り全部
mkfs.ext2 /dev/sda1
mkfs.ext4 /dev/sda3
mkswap /dev/sda2
swapon /dev/sda2
mount /dev/sda3 /mnt
mkdir /mnt/boot
mount /dev/sda1 /boot

pacstrap /mnt base base-devel
pacstrap /mnt grub-bios
genfstab -p /mnt >> /mnt/etc/fstab

arch-chroot /mnt
echo "hostname" >> /etc/hostname
vi /etc/hosts
  127.0.0.1       localhost.localdomain   localhost hostname
  ::1             localhost.localdomain   localhost hostname
vi /etc/locale.gen
  en_US.UTF-8 UTF-8
  ja_JP.UTF-8 UTF-8
ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
mkinitcpio -p linux
grub-install /dev/sda
grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
passwd
exit

umount /mnt/{boot,}
reboot

ipコマンドがない

# pacman -Su core/iproute2

netstatコマンドがない

# pacman -Su core/net-tools

digコマンドがない

# pacman -Su core/dnsutils

systemd経由のnetcfgでStatic IP設定(今使ってるIFに対して設定する場合は、コンフリクトするので再起動して様子見ること)

# pacman -Su core/netcfg
# vi /etc/network.d/eth0
    CONNECTION='ethernet'
    DESCRIPTION='geso-'
    INTERFACE='eth0'
    IP='static'
    ADDR='192.168.1.101'
    GATEWAY='192.168.1.1'
    DNS=('192.168.1.1')

    ## For IPv6 static address configuration
    IP6='static'
    ADDR6=('2001:db8::101/64')
    GATEWAY6='2001:db8::1'
# systemctl enable netcfg@eth0
# systemctl start netcfg@eth0
# systemctl status netcfg@eth0
SNMP(PIDFileとExecStartに手を加える)
https://bugs.archlinux.org/task/32258
# pacman -Su extra/net-snmp
# cat /usr/lib/systemd/system/snmpd.service
[Unit]
Description=Simple Network Management Protocol (SNMP) Daemon
After=syslog.target network.target

[Service]
Type=forking
PIDFile=/var/run/snmpd.pid
ExecStart=/usr/sbin/snmpd -Lsd6 -p /var/run/snmpd.pid
ExecReload=/bin/kill -HUP $MAINPID

[Install]
WantedBy=multi-user.target
# systemctl --system daemon-reload
# systemctl restart snmpd.service
  • rc.confはinitscriptsをpacmanで入れましょう。
  • とりあえず、起動後はDHCPに頼ってdhcpcd eth0した後、pacmanします。必要ならHTTP_PROXYの設定もします。
インストール開始時、/arch/setupで開始するのはいいんだけど、その前にkmでKeymapを指定しておくほうがいい。

忘れた場合は、rc.conf

KEYMAP="jp106"

今は変更が入ったので、 /etc/vconsole.confに以下のように。

KEYMAP=jp106
Static IP設定はrc.confで。ついでにホスト名の設定もしよう。
https://wiki.archlinux.org/index.php/Configuring_Network#Static_IP_address
DNSの設定はresolv.confでいつも通り
DHCPが勝手にresolv.confを上書きするので、辞めたい場合は/etc/dhcpd.confにnohook resolv.confを入れる
resolv.confはdomain, search, nameserverを手書き。

nameserver3つしか書けないらしいんだけど、IPv4/IPv6で2個ずつだとどうなるんだ。

ifconfigは入ってないので、ipコマンドを使う

# ip addr
# ip route
# ip -f inet6 route

netstatは入ってないので、ssコマンドを使う

# ss -an

最初はユーザがいないので、簡単に作る

# useradd -m -G wheel -s /bin/bash yourname
パッケージのインストール基本

https://wiki.archlinux.org/index.php/Pacman_(日本語)#.E4.BD.BF.E3.81.84.E6.96.B9

探す

# pacman -Ss openssh

インストール

# pacman -S core/openssh

カタログとパッケージのアップデート

# pacman -Syu core/openssh

インストール済みパッケージ一覧

# pacman -Q

インストール済みパッケージ一覧から検索

# pacman -Qs ssh

pacman-key –initがあまりにも遅い

# vi /etc/pacman.conf
ここで、 SigLevel = Never に変更
# pacman -S haveged
# rc.d start haveged
# pacman-key --init; pacman-key --populate archlinux
# rc.d stop haveged
# vi /etc/pacman.conf
ここで、 SigLevel = PackageRequired に戻す

新しくデーモン(例えばssh)を入れたりしたら、次回以降の自動起動の設定をrc.confのDAEMONSに加える。

DAEMONS=(syslog-ng network crond sshd)

追加されたかどうかは、rc.d listで確認できる。(DAEMONSで認識されるのは、/etc/rc.d/に置かれたスクリプトだけだが)

# rc.d list
[STARTED][AUTO] crond
[STOPPED][    ] dbus
[STOPPED][    ] ftpd
[STOPPED][    ] hwclock
[STOPPED][    ] krb5-kadmind
[STOPPED][    ] krb5-kdc
[STOPPED][    ] krb5-kpropd
[STOPPED][    ] mdadm
[STOPPED][    ] netfs
[STARTED][AUTO] network
[STOPPED][    ] nscd
[STOPPED][    ] ppp
[STARTED][AUTO] sshd
[STARTED][AUTO] syslog-ng

IPv6の設定はnetcfgを入れないと出来ない(?) https://wiki.archlinux.org/index.php/IPv6

# pacman -S core/netcfg
# vi /etc/network.d/eth0
CONNECTION='ethernet'
DESCRIPTION='ipv6+ipv4 eth0'
INTERFACE='eth0'

IP6=static
ADDR6=(2001:db8::1234/64)
#GATEWAY6=2001:db8::1

RA環境だとGATEWAY6の設定に失敗してこけるので、仕方なくコメントアウト

デフォルトのSSHはrootログイン出来てしまうのでそれと逆引きを無効に

PermitRootLogin no
UseDNS no

(何故か)openvswitch

cd /usr/src/
pacman -S base-devel
wget http://aur.archlinux.org/packages/op/openvswitch/openvswitch.tar.gz
tar xvf openvswitch.tar.gz
cd openvswitch
makepkg --asroot
pacman -U openvswitch-1.4.0-1-x86_64.pkg.tar.xz

Table Of Contents

Previous topic

検証項目

Next topic

Debian

This Page

«  検証項目   ::   Contents   ::   Debian  »