pdoc 0.1 documentation

windows

«  OS   ::   Contents   ::   windows 7でPPTP VPNに接続する一例  »

windows

Windows server 2008 R2

フェールオーバークラスタ

“記憶域”にディスクを追加後、”クラスターの共有ボリューム”に記憶域を追加する。

クラスタが不要になった場合に、削除しても中身のデータは残ってる。

Active Derectory

サブドメインで組むか、ローカルドメインで組むか。

“ika.example.com” または “example.local”

”.local”はMS推奨らしい。
DNSは既存のものと組み合わせるか

BINDが既にあるから、ad.example.comをBIND作って互いにフォワーディングしまくる。

今回はBINDとADに互いのドメインに対するforwardingを書いた

DHCPv6 + DNSの対応は?

バックアップ

2008 R2からWindows Serverのバックアップで状態の復元もGUIでできるようになった。

http://gihyo.jp/admin/serial/01/win_server_tips/0005?skip

Sambaを指定したら、ローカルユーザじゃないとダメって怒られたでござる。

RemoteApp

TS CALがなくてもRemoteAppは出来る。
でも、サウンドの再生がローカルで出来ないとか、色々制約がある(駄目ゲーで試した)

windows 7

ネットワーク

デフォルトゲートウェイが変わると、アドレス帯は変わってなくてもホームネットワークではなくなる可能性がある。

バックアップと復元

RecoveryCDから普通に復元できた。

RecoveryCDの.isoイメージを作成し、VMwareでデバイスを直接アタッチすることで、別マシンで復旧可能。

Vista

関連付け。消せば良い。
HKEY_CURRENT_USERSoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionExplorerFileExts拡張子UserChoice

メモ

よく忘れる単語
msconfig, regedit, drwtsn32, control userpasswords2

«  OS   ::   Contents   ::   windows 7でPPTP VPNに接続する一例  »