pdoc 0.1 documentation

復旧手順

«  iSCSI Boot@Ubuntu 12.04 Server amd64   ::   Contents   ::   ZFS Day  »

復旧手順

FreeBSD

ZFS

Warning

zpool replace中にzfs snapshotが動作すると、resilverが中断されてしまうため、cron等による定期実行が割り込まないことを確認します

SATA

# atacontrol list
# zpool status pool
# atacontrol detach ata2
# --- 物理作業
# atacontrol attach ata2
# zpool replace pool ad4

Note

atacontrolから見えるataXXの値と、/dev/adYYが異なるので、ちゃんと確認します

SCSI/SAS

# camcontrol devlist -v
# zpool status pool
# zpool offline pool da1
# camcontrol eject 0:1:0
# --- 物理作業
# camcontrol rescan all
# zpool replace pool da1

Note

camcomtrol rejectコマンドは、使用できない場合があるので、その場合はstopで代替した

Note

zpoolのオンラインマイグレーションは、以下の2通りの方法がありますが、

  • zpoolのautoexpandプロパティを使用する
  • zpool online -e を使用する

FreeBSDにおいては、zpool v28未満の場合上記方法のいずれも使用できないため、デバイス交換による無停止容量拡張は不可能です。

仕方ないので、zpool export pool && zpool import poolにより、再度importして拡張します。

もちろん、デバイス追加による無停止容量拡張はできます。

UFS(GEOM)

OpenIndiana

ZFS

Table Of Contents

Previous topic

iSCSI Boot@Ubuntu 12.04 Server amd64

Next topic

ZFS Day

This Page

«  iSCSI Boot@Ubuntu 12.04 Server amd64   ::   Contents   ::   ZFS Day  »