pdoc 0.1 documentation

ベンチマーク

«  ZFS   ::   Contents   ::   設定情報取得  »

ベンチマーク

ベンチマークの最適性について僕は余り論ずることができない。

bonnie++

Solarisの場合

インストールにはgcc-devとheader-mathが要るかも。

# pkg install gcc-dev
# pkg install header-math

普段はコレくらいでいいかも

/root/bonnie++-1.96/bonnie++ -d /mnt/tmp -u root
ブロックシーケンシャル、リライト、リードの3つだけでいいなら、スキップして早めに終わらせる
ブロックI/Oには、デフォルトでメモリ搭載量の2倍の値が使用される。(8GBメモリなら16GB分のブロック)
/root/bonnie++-1.96/bonnie++ -d /mnt/tmp -u root -f 0 -n 0

Bonnie++を使ったファイルシステム性能のベンチマーク * http://sourceforge.jp/magazine/08/08/04/0134256/3

主要な使い方だけ

usage:
bonnie++ [-d scratch-dir] [-c concurrency] [-s size(MiB)[:chunk-size(b)
      [-n number-to-stat[:max-size[:min-size][:num-directories[:chunk-size
      [-m machine-name] [-r ram-size-in-MiB]
      [-x number-of-tests] [-u uid-to-use:gid-to-use] [-g gid-to-use]
      [-q] [-f] [-b] [-p processes | -y] [-z seed | -Z random-file]
    -d : 出力ディレクトリ
    -s : 出力ファイルサイズ
    -n : 生成ファイル数(1024の倍数)、0で試験スキップ
    -m : ホスト名出すだけ
    -r : メモリサイズの仮想値
    -x : 同繰り返し回数
    -u : ファイル生成ユーザID
    -g : ファイル生成グループID
    -q : 標準出力に出さない
    -f : 0指定でper chr試験スキップ
    -b : white buffer無効(常にfsyncしない)
    -p : プロセス数指定
    -y : プロセス数反映(-p 2した後に実行、または-y 2)
    -z : 乱数シード
    -Z : 乱数用ファイル

fio

http://freshmeat.net/projects/fio

インストール

# tar zxvf fio-1.58.tar.gz
# cd fio-1.58
# --- FreeBSD 8.2の場合はgmakeだった
# --- OpenIndiana 151aの場合はpkg install header-mathが必要だった
# make

個人的な基本形

fio -filename=/mnt/bench.fio -rw=write -bs=512k -size=18G -numjobs=1 -startdelay=5 -unlink=1 -name=bench

メモ

-nameが無いと試験できない。

試験が終わってもファイル消えない。

“-unlink=1”つけたら消える。

ZFSの場合は、-sizeがARCより小さいとアテにならない速度が出る。

FreeBSDで-numjobs=32くらい立てたら2~5thread位立ち上がらなくてへたれた。

FreeBSDで-ioengine=posixaioしたらSegmentation fault (core dumped)したっぽい。

Table Of Contents

Previous topic

ZFS

Next topic

設定情報取得

This Page

«  ZFS   ::   Contents   ::   設定情報取得  »