pdoc 0.1 documentation

Hyper-V

«  VMware   ::   Contents   ::   KVM  »

Hyper-V

公式リンク

Hyper-V Server 2008(無償版)
http://www.microsoft.com/japan/servers/hyper-v-server/default.mspx
Windows Server 2008
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/r2/default.mspx

メモ

富士通 Windows Server 2008 R2 Hyper-V 構築ガイドほか
http://primeserver.fujitsu.com/primergy/technical/construct/

仮想マシンを右クリックして「削除(L)」した場合、仮想マシン構成ファイル(.xml)は消えるけど、vhdは残る。

仮想マシンを移動させたい時は、正直vhdファイルをコピペして新しく仮想マシンを作ったほうがいい。

統合サービスセットアップディスクを使用しない場合は、NICをレガシーインターフェースにする。
Linux,*BSD,Solarisを入れる場合は特に。

統合サービスセットアップディスクを使用しないと、GUIインストールするUnix系列はTabとSpaceとEnterだけが味方。

起動まで動作確認取れた。

Windows XP Windows Vista Windows 7 Ubuntu-10.10 Ubuntu-10.04 FreeBSD 8.1R(Bootonlyを使用してインストールしようとすると、NICがこける) OpenIndiana b147 XenServer 5.6
一応IPv6の動作も確認取れてる。Pure IPv6環境でもkameは踊るしミクがネギを振ります。(Vistaにて確認)
動作しないのはブリッジインターフェースにした場合?

デフォルトの保存先ディレクトリ

仮想ハードディスク

C:UsersPublicDocumentsHyper-VVirtual Hard Disks

仮想マシン

C:ProgramDataMicrosoftWindowsHyper-V
何故かここではない設定にしても、このディレクトリに仮想マシンファイルへのシンボリックリンクが生成される。
Hyper-V品質測定・分析ツール VEstat
http://biz.mki.co.jp/product/maker/mki/vt_platform/vestat/ve_free.html
フェールオーバークラスタとの組み合わせ

デフォルトのまま使用していた仮想マシンを、フェールオーバークラスタ上に載せ替えようとすると、以下のメッセージを得る。

ディスク パス 'C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Hyper-V\Virtual Machines' は、
クラスター内の記憶域へのパスでも、クラスターに追加可能な記憶域へのパスでもありません。
この仮想マシンの可用性を高めるには、クラスター内のすべてのノードが、
この記憶域を確実に使用できるようにしてください。

フェールオーバークラスタに追加できるのはオフラインの未割り当てディスク?

仮想マシンの複製

複製手法
インポート/エクスポート方式
エクスポート後、フェールオーバークラスタ上にファイルを配置してインポートしても一部ファイルの参照パスがクラスタディスク以外を指しているとエラーが出る。
ファイルのコピー方式
ファイルを単にコピーした場合、主に以下の点で問題を抱える
Hyper-Vのインポート機能は使えない 仮想マシン構成ファイルのvhdファイルパスが違う それ以外の参照パスが異なる可能性が高い
複製に関する注意点
windows仮想マシンを複製する際、SIDの重複を避けるためにsysprepを使用する。
windows 7以降で言うと、C:WindowsSystem32sysprep.exe。
windows仮想マシンを複製すると、DUID/IAIDが重複する。
これは、DHCPv6環境において、アドレス重複の原因となる。

資料

Hyper-V虎の巻
http://www.slideshare.net/hirookun/hyper-v
超重いの俺だけかな。

Table Of Contents

Previous topic

VMware

Next topic

KVM

This Page

«  VMware   ::   Contents   ::   KVM  »