pdoc 0.1 documentation

VMware

«  仮想化   ::   Contents   ::   Hyper-V  »

VMware

VMware ESXi

いわずと知れたESXi
http://www.vmware.com/jp/products/esxi/

ESXi 4.0 Install

USBメモリ Boot

Note

USBメモリ(4GB)※2GB以上あればOKっぽい ML115 G1 ddできる端末

イメージ展開

# cd /mnt/lib_01/OS/VMware
# mdconfig -a -t vnode -f ./VMware-VMvisor-Installer-4.0.0.Update01-208167.x86_64.iso
# mount -t cd9660 /dev/md0 /media/
# mkdir /mnt/lib_01/OS/VMware/ESXi4.0_u1
# cd /mnt/lib_01/OS/VMware/ESXi4.0_u1
# tar zxvf /media/image.tgz
# cd usr/lib/vmware/installer
# bunzip2 VMware-VMvisor-big-208167-x86_64.dd.bz2
# ls -lh
total 920631
-rw-r--r--  1 201  201   900M Nov  8 18:12 VMware-VMvisor-big-208167-x86_64.dd

USBメモリを挿してdd

# dmesg | tail
da0: 3853MB (7892040 512 byte sectors: 255H 63S/T 491C)
umass0: at uhub2 port 2 (addr 2) disconnected
(da0:umass-sim0:0:0:0): lost device
(da0:umass-sim0:0:0:0): removing device entry
umass0: detached
umass0: <PQI PQI USB Flash drive, class 0/0, rev 2.00/1.00, addr 2> on uhub2
da0 at umass-sim0 bus 0 target 0 lun 0
da0: <Generic USB Flash Disk 0.00> Removable Direct Access SCSI-2 device
da0: 40.000MB/s transfers
da0: 3853MB (7892040 512 byte sectors: 255H 63S/T 491C)
#
# cd /mnt/lib_01/OS/VMware/ESXi4.0_u1/usr/lib/vmware/installer/
# dd if=.VMware-VMvisor-big-208167-x86_64.dd of=/dev/da0 bs=1M

起動後、必要であればBIOSからUSBストレージタイプをHDDにして起動。

USBストレージタイプを変更しないと、以下のメッセージで中断される可能性がある。

Panic: cannot get disk parameters.

物理メモリが2GB未満じゃ生きていけないです。って言われて終わった。 メモリ買おう。

メモリ買って、512MB+2GBになったら普通に起動した。

Troubleshooting Mode Options

トラブルシューティング用のオプション設定。

Enable Remote Tech Support (SSH)
コンソールでF2を押して設定モードにログインしてもいいし、vSphere Clientのセキュリティプロファイルから有効にしてもいい。
ESXi 4.1では普通に有効に出来ます。(4.0以前はunsupportedと入力していた) コンソールの場合はEnter1回で有効に。
有効になった時点でSSHログイン可能

他のPCで作成したVMFSが見えないときは、下記のように解決できた。

# esxcfg-volume -l
VMFS3 UUID/label: 4ba33d62-9e2c8fbc-8e59-001b314f613b/esxi-001
Can mount: Yes
Can resignature: No (the volume is being actively used)
# esxcfg-volume -m 4ba33d62-9e2c8fbc-8e59-001b314f613b

参考 : http://blog.yamk.net/yamk/archives/1356

ESXi 4.1 Install

4.1で焼き直し。昔はもっと手間だったきがしたのに、一瞬で準備完了。

windowsのGUIから下記isoを仮想ドライブにマウントして、中身のimageddを普通にコピー。

VMware-VMvisor-Installer-4.1.0-260247.x86_64.iso

USBメモリを挿す。で、WinDDでimageddを焼きこみ。サイズは1GB弱。

起動後、必要ならBIOSからUSBストレージタイプをHDDにして起動。

独自ドライバの組み込み

ESXiで蟹NIC使いたいとか、ICH8が使いたいとか、そういう話。

DH57JG搭載のIntel NIC 82578DCを認識させることで、ESXi 4.1を起動できるようにする。

既にESXiの起動環境があると仮定して、別途ドライバを取得

下記URLからoem-8086-10f0-v1119.tgzを入手。
http://www.vm-help.com/forum/viewtopic.php?f=12&t=2194

oem-8086-10f0-v1119.tgzをoem.tgzにリネームし、HyperVisor1の直下に書きこむ

ドライバの追加インストール

後から拡張カードを追加して、ドライバをインストールする場合の手法。

Note

バージョンの違いによって、多少ブレがあります。

X4447A-Z(SunのQuad Gigabit Ethernetカード)を追加して、ESXiに認識させる。

使用バージョンは1.0.2.3 ※現在は1.0.2.4になっており、vmware.xmlを見たところインストールは可能なように見える。

手順

VMware-vSphere-CLI(コマンドラインツール)の入手とインストール
http://www.vmware.com/support/developer/vcli/
ESXiのバージョンにあったものを入手すること。
X4447A-Z用のnxgeドライバの入手
http://www.vmware.com/support/vsphere4/doc/drivercd/esx-net-nxge_400.1.0.2.3.html
vmware-esx-drivers-net-nxgeのISOをマウントして、nxge-vmware-driver-1-0-2-3-offline_bundle-249974.zipをコピー。
一般に、ドライバCDの中のoffline_bundleと書かれたzipを使用してインストールを行うとか。
コピーしたファイルをC:Program Files (x86)VMwareVMware vSphere CLIbinに置く。
適当にリネームしてもいい。

コマンドプロンプトで、以下のコマンドを叩いてインストール。

C:\>cd C:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin
C:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin>.\vihostupdate.pl --server 192.168.1.22 -i -b nxge-vmware-driver-1-0-2-3-offline_bundle-249974.zip
Enter username: root
Enter password:
The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.

Warning

ESXi 4.0用に作られたzipをESXi 4.1に適応しようとした場合、以下のようにエラーが出ます。

C:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin>.\vihostupdate.pl --server 192.168.1.21 -i -b nxge-vmware-driver-1-0-2-3-offline_bundle-249974.zip
Enter username: root
Enter password:
Please wait patch installation is in progress ...
No matching bulletin or VIB was found in the metadata.No bulletins for this platform could be found. Nothing to do.
この場合、vmware.xmlを書き換えて回避する。
参考 : http://en.community.dell.com/support-forums/servers/f/177/t/19343819.aspx
今回(X4447A-Z)の場合は、下記2行のversionを”4.0.0”から”4.1.0”に書き換えたらOKでした。
<swPlatform locale=”” productLineID=”esx” version=”4.1.0” /> <swPlatform locale=”” productLineID=”embeddedEsx” version=”4.1.0” />
※ただし、ESXi 4.1ではなぜかX4447A-Zを3ポート分しか認識しません。
http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=1030188

ESXiメモ

F2でBIOS画面、ESCでブートデバイス選択、F12でネットワークブート

資料
http://wiki.aggregate.jp/index.php?ESXi3
ESXiでSNMPを使う方法とか
http://salawank.performance-weaver.com/?p=66

USBメモリからブートしていて、ESXi用の物理マシンを入れ替えるときは、起動後コンフィグをリセットすれば再利用できる。

hostdが落ちてvSphere Clientでログインできない場合は、直接キーボードとモニタを繋いで、Restart Management Agentsする。
仮想マシンは生きているなど、vSphere Clientからだけログインできない場合の話。 でもまた死んだ...

VMware Player

<note> 3系からVMware Player単体で仮想マシンを作れるようになった。\ いいから3系を使うんだ。 </note>

公式リンク

http://www.vmware.com/jp/products/player/

ストレージデバイスへの直接アクセス

Player3から、ストレージデバイスへの直接アクセスが簡単に設定できるようになった。

この機能を使って、ノートPCにUSB接続したHDDにOSをインストールし、別のマシンに差し換えて起動させる。

メモ

一度でもディスクアクセスに失敗すると動作が止まってダイアログが出るのが鬱陶しい。
例) windowsからiSCSIディスク内に仮想ディスクを置いて、iSCSIサーバのサービスを再起動した時とか。
後からvmdkを分割する方法
http://www2.db-tracklayer.com/blog/jp/2009/10/19/vmでバーチャルハードディスクを後から分割したく/

VMware Server

http://www.vmware.com/jp/products/server/

2.0系からWebUIに変わった。FreeBSDのサポートも無くなった。

1.0系は楽だけど、Playerが仮想マシンを作れるようになったので、微妙な立ち位置に。

開発終了の噂も。
http://virtualization.info/jp/news/2010/05/vmware-server-discontinued-by-june-2011.html

メモ

VMに限った話じゃないけど。
http://192168111.blog71.fc2.com/blog-entry-8.html

«  仮想化   ::   Contents   ::   Hyper-V  »