Permalink: 2014-03-15 23:00:00+09:00 by ruy@ainoniwa.net in technical tags: jisaku c2550d4i social:

何なの。

ASRockさんの出してるC2550D4Iって言うMini-ITX M/Bを買ったので記念ポスト。

こんな特徴があるよ。まぁ詳しくは製品ページを見た方が良いと思うけど...

  • Intel AtomシリーズのAvaton C2550がオンボードで搭載されてる
  • Intel i210チップのGbEが2個付いてて、IPMIも使える
  • メモリ最大64GB
  • SATAポート12個(
  • VGAのみ
  • USB2.0だけ
  • 電源24Pinに見えるけど、必要なのは20Pinだけ
  • サウンドなし
  • RS232Cシリアルあり

材料

今回の構築材料は下記の通りです。:

M/B  ASRock C2550D4I
CPU  ASRock C2550D4I(Onboard)
Mem  SunMax SMD-16G28ECP-16KL-D
SSD  ADATA Premier Pro SP600 32GB
Case THERMALTAKE SD101

組み立てる

外観。ケースはSD101とか言うINWINのケースをスッキリさせただけみたいなやつです。

c2550d4i_001.jpg

中身開ける。

c2550d4i_002.jpg

電源はTT-180AH7NIBと書かれている。180Wである。分かりやすい。

c2550d4i_003.jpg

とりあえず中身を取り出してスペースを作る。

c2550d4i_004.jpg

次にM/Bを取り出すわけだ。

c2550d4i_005.jpg c2550d4i_006.jpg

緩衝材にタイラップで固定されていると言う(いい意味で)おせっかいBBAである。

c2550d4i_007.jpg

横から見るとNICポートが3つに見える。まぁこれは実質2ポートなのだが、見た目に分かりやすい方が良いだろう。

c2550d4i_008.jpg

メモリ挿してー、

c2550d4i_009.jpg

配線して放り込んでー(SSDはタイラップで固定した)

c2550d4i_010.jpg

ふたを閉めたら完成だよ!(電源入らなかったらやり直しだよ?)

c2550d4i_011.jpg

USBメモリにUbuntuでも入れて起動を確認してみよう。

あ、ケースのフロントにはUSB3.0ポートがあるんだけど、このM/BはUSB2.0までしかサポートしてないから使えないよ。

え、あれ...?じゃあこのケース買った価値って80PLUSの電源がついてくるってだけじゃね...?

いつもみたいにINWINのケース買えば良かったんじゃね...?

あ、でもINWINのケースよりも板金の品質が良いから歪みが少なかったよ?

個体差ですね、ハイ。

気を取り直して起動画面その1。

c2550d4i_012.jpg

気を取り直して起動画面その2。

c2550d4i_013.jpg

気を取り直して起動画面その3。ブートしたっぽいので一応組立上の問題は無かったようだ。

c2550d4i_014.jpg

メモリテストは適当な時にやるとしてー。

この後は極力BCMの機能使って遠隔で操作していきたいところですよね。

あと、Ubuntu-12.04.4-server-amd64入れたidle状態でこんな感じの消費電力です。

c2550d4i_015.jpg