Lagopus switchの性能評価 その1

Lagopus switchの性能測定を試しにやってみましょう。

まずは究極に単純なフロー(左から入ったら右へ、右から入ったら左へ)を入れて、およそ限界と考えられる性能を確認します。

more…

OpenStackのbr-tunインタフェースのフローエントリについて

先日、 GNS3を用いてトポロジを作り、OpenStack環境を構築できることを確認した。

その際、VXLANを用いた仮想サブネットを構築したわけだが、これは単純に考えるとループが発生するトポロジとなる。

今回は、br-tunにインストールされたフローエントリから、トンネルを用いたOpenStackの仮想サブネットがどのようにループを防止しているかを見ていく。

more…

FreeBSDのpkt-gen(netmap)で性能を測定する前に

BSDRPをnetmap由来のpkt-gen試験機としても使うので、手元の環境で基準値性能を測定しておく。

more…

Lagopus switchをryuと一緒に動かしてみるなの?

前回 Lagopusを入れたので、とりあえずryu辺りを使ってL2SWとして動くところまでを確認します。

相変わらず 公式のQUICKSTART に従います。

more…

VirtualBoxにLagopus switchを入れてみる。

Intel-DPDK 1.7.1 + Lagopus 0.1.1 on VirtualBoxです。

とりあえずLagopusの起動まで。

基本的には 公式のQUICKSTART に従います。

more…

BSDRP 1.52のipsec-toolsをパッチ済みパッケージで置き換える

先日設定したBSDRP にL2TP/IPsecを導入することを考えます。

FreeBSDで提供されているipsec-toolsは、パッチを当てない限り、任意に指定した送信元IPアドレスに応じたPSK(Pre-Shared-Key)しか選択できません。

従って、非固定IPとなるノードからIPsecの接続要求を処理するには、

  • 証明書を用いた認証を使う

  • 誰でも(送信元IPに依らず)共通のPSKを使うようにパッチを当てる

のいずれかの方法を取るのが、比較的簡単な解決です。

今回は後者の方法を題材に、BSDRPに新しいパッケージを追加する方法を簡単に見ていきます。

more…

BSDRP 1.52に家庭用ブロードバンドルータ的な設定をする

今一つ(どころじゃなく)認知度の低いBSDRPを使って、家庭用ブロードバンドルータを設定する手順についてまとめておきます。

ちょっと長いけど、興味のあるところだけつまみ食いして欲しい。

BSDRPというのは、こういうやつです。

http://bsdrp.net/

BSDRP is an embedded free and open source router distribution based on FreeBSD with Quagga and Bird.

確かに、GUIは無いし、公式アイコンもちょっとあれだけど...

思ったより必要なパッケージは入っているし、FreeBSDの知識はそのまま使えるし、軽量で小回りの利く良いやつだよ。

無線?知らない子ですね...

more…

GNS3 + Nested KVM + OpenStack with RDO

僕の枯れた休日はGNS3とOpenStackで出来ているようだ。

そんな一面をお見せしよう。

図で言うとこんな感じだ。

gns3_openstack_000.png

幸せな連休を過ごしている人がいるであろう世界を横目に今更ながらのOpenStack。

夢あふれるだろう?(死んだ魚の目をしている)

あ、今回は「Wow! OpenStackが動いてやがるぜ!」位のソフトタッチィなところまで歩を進めるつもりなのでよろしく。

途中からGNS3とは無関係にPackstackだけを使う話になっちゃうので、「これGNS3でqemu(KVM)を使う」って話と分けた方が良かったなって今なら思います。

でも、もう遅いんじゃよ。

more…

Multi Link Aggregation between vEOS and FreeBSD on GNS3

先日VirtualBoxで使えるようにしたvEOSは、仮想環境でも MLAG(multi link aggregation) が使えるゾ!

仮想環境で冗長化の構成コンフィグテストが出来るなんて!

これでコミュ障の僕も「書式チェックしたいからマシンタイム貸してください」なんて言わなくてもコンフィグテストが出来るってことかな?

やったね!だけどVirtualBoxのインタフェースが死なないから冗長化切り替えの試験は出来ないよ。何それ死ぬの?死なないことで死ぬ。

図にするとこんな感じ。(1回このアイコン使ってみたかったので描いたけど、これスゲー疲れる)

veos_mlag_001.png

とにかく、雰囲気掴むために構築構築ゥ!

more…

VirtualBoxでAristaのvEOSを使えるようにする

Aristaの公開しているvEOSをVirtualBoxで使えるようにします。

事前準備みたいな感じなので、とりあえず動かすところまでだけ書きます。

more…