Ansibleの成長とディレクトリ構成について理解が追い付いてない

駄文です

サーバ構成管理ツールであるところのAnsibleのplaybookを、どのように適当に書いて整理するのが良いのか悩んでいる。

いくつかのサンプルケースを通じて、結局Ansibleのベストプラクティスに落ち着くかどうか。

とりあえずで書き始めたplaybookはもっと簡単に使いまわしたいんだ。

順を追おうと脳みそ垂れ流してたら、冗長で読みにくい感じになってしまった。

more…

Ansibleのsudoパスワードをリポジトリに残さないために

以前、RhodecodeにPushしたら自動的にPelicanをmake htmlするためのhook(http://www.ainoniwa.net/pelican/2014/0319a.html)を書いた。

Ansibleを使うのにも慣れた感じがあるので、pelicanそのもののインストールとタグを分けたplaybookを書いたら良いんじゃないかと思った。

まぁ、とりあえず書いたのね。大して長くもないし。

で。

ansible-playbookを非対話バッチとして実行する際にsudoで別ユーザ権限実行とかを使う必要に迫られたのだけど、hookで実行するからパスワード聞かれるタイミングとか無いわけ。ログインは公開鍵だし。

サーバごとにsudoersを設定するとか受け入れられないし、ask-pass使いたいけどRhodecodeのhookバッチで非対話だゲロゲロー。

ってわけ。

more…

AnsibleでAdagios入れてみたけど、こいつ超イケメン

みんなAdagiosって知ってる?nagiosのフロントエンドなんだけど!これこれ!

http://adagios.org/

超モダンでかっこいいWebUIを持ってて、もう「え?nagios?ダサくない?」なんて言わせないぜ!

バックエンドにはicingaとかshinkenを使うことも出来るので、nagiosおよび互換監視エンジン向けWebフロントエンドと言う認識で良いと思います。

more…

Ansibleでshinkenを入れてみたものの、そんな簡単に監視設定が終わるわけなかった

対お姉ちゃん用監視部隊、通称Shinken隊の話をしようじゃないか。

一応先に結論から言っておくと、対お姉ちゃん用監視部隊としても普通の監視ツールとしても決して使い勝手はよくありません。

more…

Ansibleでmunin2を入れるとビスケットが割れた

ポケットの中にはビスケットが1つー...本当にビスケットがあるか確認したか?割れてないか?最後に確認したのはいつだ?異常増加していないか?ビスケットが(ry

統合監視ツールのUIバランスと学習コストの高さの不満から、ちょっと距離を置きたいなぁと思った。

Ubuntu 14.04になってaptパッケージでmunin2も入ることだし、1.4系からの移行ついでに再評価しようと思う。

で、ついでにAnsibleの丁度いいサンプルを探していたので、munin2なんか丁度いいじゃないか、ということですよ。

Muninはcronベースじゃなくて適宜グラフ描画をするCGIベースで作るます。

more…