Redmineの公式Dockerイメージを例に、自分に合ったDockerの使い方を探る

Dockerは非常に簡単にアプリケーションをデプロイすることができて、環境に対する悩みをかなりの割合で解消してくれる。

とはいえ、イメージを公開してくれている人には非常に申し訳ないのだけど、自分で作ったイメージか公式(≒開発元が提供している)イメージ以外の公開イメージを使うのは、それはそれで気が引けてしまう。

などと及び腰なことを考えていると、プラグインや設定の追加変更を目前に、やはり単に起動するだけでは思い通りにならないという悩みを抱えることになる。

今回は Redmineの公式コンテナイメージ を例に、Docker利用上の作法を探ってみる。

大体は redmine の公式コンテナイメージの使い方に終始します。

more…