Permalink: 2011-11-04 23:56:00+09:00 by ruy@ainoniwa.net in technical tags: fio FreeBSD openindiana performance ZFS social:

構成ディスク台数の増加に伴うZFS性能変動をfioを用いて測定する。

前略raidz2編。測定環境は ZFS Benchmark – 環境構成編(http://www.ainoniwa.net/ssp/?p=224) を参照。

綺麗なスケール。そして性能差が歴然となるFreeBSD。

6台構成まではFreeBSDの方が順調な伸びを見せるものの、7,8台構成であっさり抜かれる。

でも、ここではFreeBSDが割と頑張ってる感じするよね。

面白いことにほぼ同じ傾向を示した。

7,8台構成時の測定値はFreeBSDの方が劣るが、6台構成まではほぼ同様の伸びと性能を見せている。どう読み取ればいいんだろう。

若干ばらつきかたが似てるけど、OpenIndianaの方が安定して良い性能。大した差ではないけど。

大体一緒。

大体一緒。

総評

  • RandomとSequentialで明確に異なる傾向を示した。
  • 構成本数をこれまた考え無いといけないが、恐らく最も安定するのは6台構成ではないかと思う。
  • 実データ格納ディスクの本数が偶数になった方がいいという話も聞くけど、グラフを見るかぎりでは明確にそうとも言えない気がするし、そういう傾向があるようにも見える。