Permalink: 2011-11-26 16:49:00+09:00 by ruy@ainoniwa.net in technical tags: primergy Server製品 消費電力 social:

富士通から絶賛発売中の静音PCサーバ PRIMERGY TX100 S3が到着した。

http://primeserver.fujitsu.com/primergy/products/lineup/tx100s3/

軽く中身を見ていく。

(しかし、注文から2週間もかかるなんて...売れてるのか他が忙しいのか...)

今回は、OSレスの最小構成になっているはず。

  • ベースユニット: PYT103T3E タワーベースユニット(250W電源(0-Watt function) 1)
  • CPU: PYBCP10CD Celeron プロセッサー G530(2.40GHz / 2コア / 2MB)
  • メモリ: PYBME02UA 2GB(1333 UDIMM1)

以下写真ぺたぺた。

とりあえず外観。表と裏。

image0

image1

付属品など。

image2

開帳。

image3

緑色のHDDレールみたいなのが付いている部分が、3.5inchシャドウベイ、という扱いなのだろう。

ケーブルの取り回しが予め想定された程度に固定されている。

付属のSATAケーブル。30cmが4本、45cmが1本の計5本。

image4

中央のケース内ファン

image5

ケースフロント下部のファン

image6

CPUファン

image7

オンボードVGAにATI 215R6VALA21G。

image8

表外したところ。

image9

あれ...もしかしてフロントの3.5インチオープンベイって下1個使えない?

image10

っぽいなぁ...壊せばなんとか。

5インチオープンベイは奥まですっきり。

image11

何故か銀紙で塞がれるフロントポート群

image12

とりあえず電源を入れる。

image13

LSIのRAID。BIOSで初期設定がRAIDなんだろうなぁ...

再起動してBIOSに移動。

image14

とりあえずVt-dはどうなのかと思って確認。Celeron G530搭載タイプなので、そもそもグレーアウトされててサポートされてない。TXTも同様。

image15

デフォルトがRAIDだったのでAHCIに変更。これだけでGT110bを捨てる理由になる。

image16

さて、LANはPXEどうしようかなー...ぁん?iSCSI...?

image17

iSCSIに設定して再起動、Ctrl+DでiSCSI設定モードに...入れる。

image18

とりあえず"P"を押してPRIMARYに...出来る。

image19

isc-dhcpd.confにこいつのMACを登録してLU見せてみる。

image20

普通に起動しようとする。

image21

キ「つまり、TX100 S3はBIOSの設定とDHCPの設定のみ行えば、クローンをすぐにでも動かせるってことだよ!」

ΩΩΩ「な、なんだってー!」

その後、オンボードでiSCSI Bootが出来るという事実だけで残りのBIOSには興味がなくなってしまった。

後できっとリモート管理とか、何故かPCIe3がDisableになっていた事実を思い出すだろう...。

まぁ、後は軽く電力測定。起動直後で37W。

image22

grub画面1分放置で27W。

image23

立ち上がりの最中は18W。

image24

全体的に省電力というのは事実のようだ。

その他。

  • 本当に静か。起動しても耳寄せないと気づきにくい。あと、「起動時のみ爆音」みたいなことも無く最初から最後まで静か(あくまで個人の感想です)
  • デフォルトBIOS設定だとFANが1個でも無いと起動しない。(BIOSでPOST Errorsをdisableにすると回避可能)
  • CPU載せ替えたらVt-dとか使えるのかは知らない。
  • Ethernetは82574L + 82579LM

このあとは、Solarisを入れてストレージサーバとして完成させる工程が待っている。

...のだが、少々時間がかかりそうだ。