Permalink: 2012-05-13 02:35:00+09:00 by ruy@ainoniwa.net in technical tags: dpkt programming python social:

前回(python + dpkt -> pcap解析 – 1.読み込みから解析開始まで) に引き続き、dpktの使い方を見ていく。

次はこの辺りか。

  • パケットの生成と保存
  • 読み込んだパケットをフロー分類して別のファイルに保存

既に解析ではないね...うん...

ソース見れば分かる人はBitbucketへどうぞ。

まず「パケット生成と保存」をしてみる。

パケット生成の基本は、 dpktのフロントページ に書いてある通りだ。

今回は、SYN Flood辺りを想定して、SYNパケットを沢山作ってそれをpcapファイルに出力してみる。

ステップは簡単だ。

  • Step.1 : dpkt(とsocket)のimport
  • Step.2 : Ethernet, IPv4, TCPの各ヘッダをオブジェクトとして生成
  • Step.3 : pcap(libpcap)形式でファイルを開く
  • Step.4 : 送信元アドレスを増加させながらpcapファイルに書き込む
# -*- coding: utf-8 -*-
#!/usr/bin/env python

#
# Step.1
#
import dpkt
import socket

def main():
    #
    # Step.2
    #
    # Ethernet header
    eth      = dpkt.ethernet.Ethernet()
    eth.src  = '\x00\x00\x01\x00\x00\x01'
    eth.dst  = '\x00\x00\x01\x00\x00\x02'
    eth.type = dpkt.ethernet.ETH_TYPE_IP
    # IP header
    ip     = dpkt.ip.IP()
    ip.dst = socket.inet_aton('172.16.0.1')
    ip.p   = dpkt.ip.IP_PROTO_TCP
    # TCP header
    tcp       = dpkt.tcp.TCP()
    tcp.sport = 60001
    tcp.dport = 80
    tcp.flags = dpkt.tcp.TH_SYN

    #
    # Step.3
    #
    # Open write pcapfile
    output_pcapfile = dpkt.pcap.Writer(open(__file__+'.pcap','wb'))

    #
    # Step.4
    #
    packet_count = 0
    while (packet_count<100):
        packet_count += 1
        tcp.sum  = 0
        ip.data  = tcp
        ip.src   = socket.inet_aton( '192.168.0.' + str(packet_count) )
        ip.len   = len(str(ip))
        ip.sum   = 0
        eth.data = ip
        output_pcapfile.writepkt(eth,packet_count)

    output_pcapfile.close()

if __name__ == '__main__':
    main()

特に面白みも無いコードだが、簡単にTCPのSYNパケットが100個程生成されたことだろう。

敢えて注意すべき点を挙げるとすると、tcp.sumとip.sumに明示的に0を指定していることだろうか。

output_pcapfile.writepkt(eth,packet_count)の時点(正確に言うと内部でオブジェクトがstr参照された時点)で、チェックサムの再計算が走るのだが、チェックサムの値が0でなければ再計算は行われない。

最初のオブジェクト生成段階では、0で初期化されるので問題ないが、その後使いまわすと再計算されず、ずっと同じ値になってしまう。とは言え、これはあくまでdpktライブラリの仕様。

ネットワーク的に考えれば、Ethernetフレームの最小長は64Byte(FCS込)になることを考慮すべきだし(デバイスを通じて実際に出力される場合は考える必要はない)、プログラム的に考えれば、送信元IPの増やし方はこのままでは255を超えた場合、例外を吐くことは想像に難くない。

でも、サンプルとして軽く流そう。

次に、「読み込んだパケットをフロー分類して別のファイルに保存」してみる。

例によってwireshark wikiから、 Some Skype, IRC and DNS traffic. を拝借しよう。(拡張子は.capだけど、libpcap形式だからdpktでも認識できる)

前回作成したサンプルコードと組み合わせて、IPフロー(例によって3-tuple)毎に別々のpcapファイルに保存してみよう。

少し読みにくいかもしれないが...。

  • Step.1 : dpkt(とsocket)のimport
  • Step.2 : 読み込み対象のファイルを決定し、ファイルを開く
  • Step.3 :
    • packet_count(パケットの数)
    • flow(送受信IPとフローIDとのマップ)
    • flow_no(IPフローID)
    • output_pcap(保存先pcapファイルオブジェクトの一覧)
  • Step.4 : パケットのデコード
  • Step.5 : 送受信IPアドレスからフロー識別文字列を生成
  • Step.6 : 登録済みフローでない場合、当該フロー用の保存先pcapファイルオブジェクトを一覧に追加
  • Step.7 : 登録済みフローの保存先へパケットを保存
  • Step.4~7を繰り返し

SkypeIRC.capを使用した場合は、IPフローで183フローなので、ドバーっと出力される。

# -*- coding: utf-8 -*-
#!/usr/bin/env python

#
# Step.1
#
import dpkt
import socket

def main():
    #
    # Step.2
    #
    input_pcap = u'C:\\dev\\pcap\\SkypeIRC.cap'
    pcr = dpkt.pcap.Reader(open(input_pcap,'rb'))

    #
    # Step.3
    #
    packet_count = 0
    flow         = {}
    flow_no      = 0
    output_pcap  = []

    for ts,buf in pcr:
        #
        # Step.4
        #
        packet_count += 1
        try:
            eth = dpkt.ethernet.Ethernet(buf)
        except:
            print 'Fail parse FrameNo:', packet_count, '. skipped.'
            continue

        if type(eth.data) == dpkt.ip.IP:
            #
            # Step.5
            #
            ip = eth.data
            src = socket.inet_ntoa(ip.src)
            dst = socket.inet_ntoa(ip.dst)
            up_stream   = src + " to " + dst
            down_stream = dst + " to " + src

            #
            # Step.6
            #
            if not flow.has_key(up_stream) and not flow.has_key(down_stream):
                fp = open(input_pcap+'_flow-'+str(flow_no+1)+'.pcap','wb')
                output_pcap.append(dpkt.pcap.Writer(fp))
                flow[up_stream] = flow_no
                flow_no += 1
            #
            # Step.7
            #
            if flow.has_key(up_stream):
                output_pcap[flow[up_stream]].writepkt(buf,ts)
            if flow.has_key(down_stream):
                output_pcap[flow[down_stream]].writepkt(buf,ts)

    for pcw in output_pcap:
        pcw.close

if __name__ == '__main__':
    main()

こんな感じに。

image0

DNSから派生したと想定されるTCPセッションとあわせて抽出したり、1つのGETから派生したと想定されるHTTPセッションとあわせて抽出したり、SIPから派生したRTPフロー別に抽出したり...と、用途は様々かと思う。

とりあえずパケット生成から保存まで。

これで、一通りのことは出来ると思うんだが...どうだろう?