コンテンツにスキップ

Overview

自分の持ってる機材の型番が単に知りたくなった時用

端末

  • Surface Pro 4
    • Surface Dock
    • BTマウス: Logicool M590
    • BTキーボード: ELECOM TK-FBP083

メンテナンス部材

  • LCD-10000V: 小さいVGAディスプレイ
  • SKB-SL18BK: 小さいキーボード

自作向け

ケース

M/B

  • ZOTAC GeForce 9300-ITX WiFi GF9300-D-E
    • リテールFANの向きによってはGPUが80度超えるので、起動後は必ず温度チェック。
  • GA-MA780G-UD3H
    • 可も無く不可もなく、ボード自体は安定。NICはRealTek 8111C。
  • Intel D945GCLF2
    • 発売当時はNICがRealTek 8111CだったせいでNIC認識しないOSが少々。
    • 1年半程録画用途で常時起動。最近原因不明の再起動が起きるのはこいつのせいじゃないかと疑ってる。
  • Intel D510MO
    • FANレス。windows7を入れると何もしなくても普通に動く。
  • Intel DH57JG
    • VT-d/VT-xがEnableに出来る。
    • PCI Express x16がX4447A-Zを認識しなかった。切ない。
  • Intel S1200KP
    • VT-d使えない
  • Intel DQ67EP
    • VT-d/TXT使える
    • IntelAMT搭載

IntelAMT

  • 参考1のDOS/Vさん の設定でおおよそ問題ない。
  • KVMの設定項目が、1つしか無い時は設定リセットしたほうがいい。
    • ジャンパピンショートさせて設定吹き飛ばし。場所はM/B付属のシールか、参考2を参照。
  • IPv6アドレスの設定すると、AMTが超絶不安定になるので触らない方がよさそう。
  • Manageability Developer ToolのKVM Stateは、"Enable - Standard Port"を選んだ後に、「Take Control」の左側のRedirectを設定し直す。
    • そのままだと、"Enable - Both Port"は選べないと思うんだ。
    • 設定実績のあるパスワードは「P@ssw0rd」。何故か複雑さの要件を満たしているように見えても失敗することが...
  • http://dolls.orz.hm/?p=4872
  • VNC Viewerは一般的なものなら動いた。

CPU

過去持ってたCPUのメモ

  • Intel Core2Quad Q9400s
    • 消費電力低くて可愛い。夏場にエンコしてたら80度を記録。
  • Intel Core i3-530
    • 発熱、消費電力は低い。
    • Vt-d,TXTが付いてない。
      • でも正直M/Bの構成によっては動いてしまうので市販品の組み合わせでは、という前提での話。
  • Intel Core i5-650
    • 比較的発熱、消費電力は低いけど、感動するほどじゃない。
    • Vt-d,TXTが付いてる。
  • AMD Athlon X2 5050e
    • ML115 G1に乗っけてる。ちょっと熱いけど許容範囲。
  • AMD Sempron LE-1250
    • 非力、省電力、低発熱だけどそんなに良くも無い。
  • AMD Athron X4 605e
    • 発熱普通でQuadコアな出来る子。

NIC

Network Interface Card

Intel EXPI9301CT

Intelの廉価なGigabit NIC。

Intel EXPI9402PT

通称Intel PRO/1000 PT Dual Port Server Adapter。

iSCSI Bootの設定

Note

  • LUN番号の部分は十六進表記。LUN10なら、"a"と記述する。
  • LUNが0以外の場合に、Kernel Panicになる場合がある(Scientific Linux 6.0等で)ので起動ディスクのLUNは0にするのが無難。
  • iSCSI HBAとして動作している場合は、BIOS画面に入る前に動作が始まって、iSCSI TargetとなるDiskがBIOSから見える。
  • デフォルトゲートウェイが0.0.0.0以外の場合、起動まで非常に時間がかかるものの、上手く動作するときがある。
    • 起動後にデフォルトゲートウェイを削除して、静的に設定し直すと、HBA兼保守ポートとして使用できる。
      route -4 delete 0.0.0.0
      route -4 add 0.0.0.0 mask 0.0.0.0 192.168.1.1 -p
      
    • 簡単測定
      ---------------------------------------------------------------
      CrystalDiskMark 3.0 x64 Beta2 (C) 2007-2009 hiyohiyo
                         Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
      ---------------------------------------------------------------
      
                 Sequential Read :   95.734 MB/s
                Sequential Write :   87.872 MB/s
               Random Read 512KB :   90.846 MB/s
              Random Write 512KB :   84.074 MB/s
          Random Read 4KB (QD=1) :   13.690 MB/s [  3342.2 IOPS]
         Random Write 4KB (QD=1) :   13.046 MB/s [  3185.1 IOPS]
         Random Read 4KB (QD=32) :   87.503 MB/s [ 21363.1 IOPS]
        Random Write 4KB (QD=32) :    9.263 MB/s [  2261.6 IOPS]
      
        Test : 1000 MB [C: Used 25.5% (20.4/79.9 GB)]
        Date : 2011/01/12 21:55:10
          OS : Windows Server 2008 R2 Datacenter Edition (Full installation) [6.1 Build 7600] (x64)
      

HDD

過去持ってたHDDのメモ

  • 以下3.5inch
  • HDS722020ALA330
  • HDS5C3020ALA632
    • 5900rpm版の2TB HDD non-AFT
    • WDと同程度の発熱。
  • WD10EADS/WD10EACS
  • 以下2.5inch
  • HTS545050B9A300
    • non-AFT
    • 発熱低め、消費電力低め、動作音小さめの超安牌
  • HTS547550A9E384
    • AFT
    • 日立の場合はEならAFTで、Aならnon-AFT
  • HTS725050A9A364
    • non-AFT
    • 7200rpmなのに発熱低め、消費電力低め、動作音小さめ。
  • FUJITSU MHW2060BH
    • 発熱は2.5inch標準位、動作音少しする。
      ---------------------------------------------------------------
      CrystalDiskMark 3.0 x64 Beta2 (C) 2007-2009 hiyohiyo
                      Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
      ---------------------------------------------------------------
      
              Sequential Read :   33.462 MB/s
              Sequential Write :   33.116 MB/s
              Random Read 512KB :   14.586 MB/s
              Random Write 512KB :   20.567 MB/s
          Random Read 4KB (QD=1) :    0.324 MB/s [    79.1 IOPS]
      Random Write 4KB (QD=1) :    0.740 MB/s [   180.7 IOPS]
      Random Read 4KB (QD=32) :    0.603 MB/s [   147.3 IOPS]
      Random Write 4KB (QD=32) :    0.757 MB/s [   184.7 IOPS]
      
      Test : 500 MB [C: Used 45.1% (25.2/55.9 GB)]
      Date : 2011/01/15 12:51:18
          OS : Windows 7 Ultimate Edition [6.1 Build 7600] (x64)</code>
      

SSD

  • THNSNC064GBSJ
    • S.M.A.R.T
      smartctl 5.42 2011-10-20 r3458 [i386-pc-solaris2.11] (local build)
      Copyright (C) 2002-11 by Bruce Allen, http://smartmontools.sourceforge.net
      
      === START OF INFORMATION SECTION ===
      Device Model:     TOSHIBA THNSNC064GBSJ
      Serial Number:    X05S108DTCJZ
      Firmware Version: CJTA0202
      User Capacity:    64,023,257,088 bytes [64.0 GB]
      Sector Size:      512 bytes logical/physical
      Device is:        Not in smartctl database [for details use: -P showall]
      ATA Version is:   8
      ATA Standard is:  Exact ATA specification draft version not indicated
      Local Time is:    Tue Dec 20 23:15:43 2011 JST
      SMART support is: Available - device has SMART capability.
      SMART support is: Enabled
      
      === START OF READ SMART DATA SECTION ===
      SMART overall-health self-assessment test result: PASSED
      
      General SMART Values:
      Offline data collection status:  (0x00) Offline data collection activity
                                              was never started.
                                              Auto Offline Data Collection: Disabled.
      Self-test execution status:      (   0) The previous self-test routine completed
                                              without error or no self-test has ever
                                              been run.
      Total time to complete Offline
      data collection:                (  120) seconds.
      Offline data collection
      capabilities:                    (0x5b) SMART execute Offline immediate.
                                              Auto Offline data collection on/off support.
                                              Suspend Offline collection upon new
                                              command.
                                              Offline surface scan supported.
                                              Self-test supported.
                                              No Conveyance Self-test supported.
                                              Selective Self-test supported.
      SMART capabilities:            (0x0003) Saves SMART data before entering
                                              power-saving mode.
                                              Supports SMART auto save timer.
      Error logging capability:        (0x01) Error logging supported.
                                              General Purpose Logging supported.
      Short self-test routine
      recommended polling time:        (   2) minutes.
      Extended self-test routine
      recommended polling time:        (   7) minutes.
      SCT capabilities:              (0x0039) SCT Status supported.
                                              SCT Error Recovery Control supported.
                                              SCT Feature Control supported.
                                              SCT Data Table supported.
      
      SMART Attributes Data Structure revision number: 16
      Vendor Specific SMART Attributes with Thresholds:
      ID# ATTRIBUTE_NAME          FLAG     VALUE WORST THRESH TYPE      UPDATED  WHEN_FAILED RAW_VALUE
      1 Raw_Read_Error_Rate     0x000a   100   100   000    Old_age   Always       -       0
      2 Throughput_Performance  0x0005   100   100   050    Pre-fail  Offline      -       0
      3 Spin_Up_Time            0x0007   100   100   050    Pre-fail  Always       -       0
      5 Reallocated_Sector_Ct   0x0013   100   100   050    Pre-fail  Always       -       0
      7 Seek_Error_Rate         0x000b   100   100   050    Pre-fail  Always       -       0
      8 Seek_Time_Performance   0x0005   100   100   050    Pre-fail  Offline      -       0
      9 Power_On_Hours          0x0012   100   100   000    Old_age   Always       -       72
      10 Spin_Retry_Count        0x0013   100   100   050    Pre-fail  Always       -       0
      12 Power_Cycle_Count       0x0012   100   100   000    Old_age   Always       -       2
      167 Unknown_Attribute       0x0022   100   100   000    Old_age   Always       -       0
      168 Unknown_Attribute       0x0012   100   100   000    Old_age   Always       -       0
      169 Unknown_Attribute       0x0013   100   100   010    Pre-fail  Always       -       481070416328
      170 Unknown_Attribute       0x0013   100   100   010    Pre-fail  Always       -       231944749138
      173 Unknown_Attribute       0x0013   200   200   100    Pre-fail  Always       -       0
      175 Program_Fail_Count_Chip 0x0013   100   100   010    Pre-fail  Always       -       0
      192 Power-Off_Retract_Count 0x0012   100   100   000    Old_age   Always       -       0
      194 Temperature_Celsius     0x0023   076   073   030    Pre-fail  Always       -       24 (Min/Max 20/27)
      197 Current_Pending_Sector  0x0012   100   100   000    Old_age   Always       -       0
      240 Head_Flying_Hours       0x0013   100   100   050    Pre-fail  Always       -       0
      
      SMART Error Log Version: 1
      No Errors Logged
      
      SMART Self-test log structure revision number 1
      No self-tests have been logged.  [To run self-tests, use: smartctl -t]
      
      
      SMART Selective self-test log data structure revision number 1
      SPAN  MIN_LBA  MAX_LBA  CURRENT_TEST_STATUS
          1        0        0  Not_testing
          2        0        0  Not_testing
          3        0        0  Not_testing
          4        0        0  Not_testing
          5        0        0  Not_testing
      Selective self-test flags (0x0):
      After scanning selected spans, do NOT read-scan remainder of disk.
      If Selective self-test is pending on power-up, resume after 0 minute delay
      

RAIDカード

HighPoint RocketRAID2300

RR2300、もしくはRRなど。

  • FreeBSD7.1で挿して起動したら普通に使える。(hptrrドライバが最初から入ってる)
  • 2枚以上挿すときは、INT13を切った設定のBIOSを入れないと、BIOS起動前に"OUT OF MEMORY"。
  • BIOSがRAIDとnon-RAIDの2種類あるけど、全然関係なさそう。
  • カードのRAID機能はJBODしか使ったことが無い。(しかも1台をJBODしただけ。)
  • ホットスワップはできる。
  • >>614 RRは一回イニシャライズすると他では認識しなくなるっぽい
  • 既にフォーマットしてあるHDDを接続する場合は、Legacyとして認識される。
    • Legacyなら、RAIDカードで設定をしなくてもOSからHDDが見える。
    • 買ってきたままのHDDとかは、RRでArrayを作らないと見えない。
    • ただし、ZFSとして使う時はregacyとして見えないので、単なるSATAポート増設としては使えない。
    • 軽く議論されてる。結論としては、RAIDカードしてもSATAカードとしても使えるようだ。
  • 所謂Single-Diskは、Legacy状態のHDDを使えることを指している。
    • Arrayを作って運用後、別のSATAコントローラに接続すると未フォーマット扱いになる。

SATAカード

SATA増設用のインターフェースカード

SATA2I2-PCIe

玄人志向から出ている、SATA RAIDカード。2ポート。

  • http://kuroutoshikou.com/modules/display/?iid=109
  • ジャンパピンを付け替えて、BIOSを無効にすると単なるSATA増設カードになる。
  • BIOS無効にして、FreeBSDに2枚挿し + ZFSして半年ほど運用しても特に問題は起きなかった。

DELL SAS6i/R

SFF8484ケーブルで接続される類のRAIDカード。8ポート。

  • 単なるSATA/SASカードとして使用。
    • ※本当はRAIDカード(0,1,1E)。
  • FreeBSDからはdaXとして見える。
  • 起動時、Ctrl+CでSAS Control画面に入れる。
    • RAIDコントローラが複数枚あるなど、OS起動画面までいかない場合はBoot機能を切る。
    • OSのみ、OS&BIOS等があるはず。BIOSを含まないなら起動可。
  • NCQ設定可能
  • BIOS画面は、中国語だけど下記のサイトが参考になる。
  • 参考

ServeRAID BR10i

IBMのRAIDカード。LSI 1068eチップ搭載。8ポート。

  • http://www.redbooks.ibm.com/abstracts/tips0737.html
  • http://www-947.ibm.com/support/entry/portal/docdisplay?brand=5000008&lndocid=MIGR-65666
  • RAIDを組まなくてもOSから認識できるので、ZFS向け。
    • HDDを接続したポートのみがOSから見えるようになる。
      • HDDが接続されていないと、コントローラしか見えない。
    • OpenIndianaからは接続中の正確なポートが認識出来ないように見える。
      • 交換時のHDD選択ミスが怖いので、エンクロージャにラベルを貼ったりして運用回避が必要か。
      • どうも、BR10iの認識順がOSに伝えられているよう?
    • ストライプサイズが64KB固定なのはZFSと相性が悪いかも。
    • NCQは最初から有効になっていて、無効にできない(ように見受けられる)
    • コネクタ形状はSFF-8087なので、SATAのファンアウトケーブルを使用します。
      • 場所を取らないので、SFF-8484より個人的には好き。

AOC-SASLP-MV8

supermicroのSATAカード。8ポート。

  • http://www.supermicro.com/products/accessories/addon/AOC-SASLP-MV8.cfm
  • 今のところ、BSD/Solaris/OpenSolarisでは動作報告は無い*。
    • 対応ドライバが無い状態。
    • ZFSのSATAポート用に使おうと思っても使えない。
  • Linuxなら最新カーネルで動くとか動かないとか。動作確認は取ってない。
  • コネクタはSFF8087
  • OpenIndiana 151aだと認識しそう
    • HDD繋いでも見えなくてダメポ。
      pci bus 0x0003 cardnum 0x00 function 0x00: vendor 0x11ab device 0x6485
      Marvell Technology Group Ltd. MV64460/64461/64462 System Controller, Revision B
      CardVendor 0x15d9 card 0x0500 (Super Micro Computer Inc, Card unknown)
      STATUS    0x0010  COMMAND 0x0147
      CLASS     0x01 0x00 0x00  REVISION 0x01
      BIST      0x00  HEADER 0x00  LATENCY 0x00  CACHE 0x10
      BASE2     0x0000e000 SIZE 128  I/O
      BASE4     0xfe640000 SIZE 65536  MEM
      BASEROM   0x00000000  addr 0x00000000
      MAX_LAT   0x00  MIN_GNT 0x00  INT_PIN 0x01  INT_LINE 0x0b
      

リムーバブルケース

HDDエンクロージャとも。マトリックス表に書き直し中。ケーブル規格、SAS/SATAの表現も。

3.5inch用

名称 専有ベイ 収容数 SAS IF FAN 電源コネクタ 幅 x 奥行き x 高さ
CSE-M35T-1B 5inch *3 5 SATA 92mm *1 4Pin *3
CRS-3056SATA 5inch *3 5 - SATA 80mm *1 4Pin or SATA *3
  • SUPERMICRO CSE-M35T-1B
    • FANがうるさ過ぎる。マザーのFANピンに挿して50%に絞るなら多少マシ。
    • FAN有り無しに関わらず、冷却性能は中くらい。
  • DIRAC CRS-3056SATA
    • FANがうるさ過ぎる。しかもFANのピンコネクタがミニタイプなのでFAN交換してもサイズが合わない。
    • FAN有り無しに関わらず、冷却性能は低い。

2.5inch用

名称 専有ベイ 収容数 収容厚 SAS IF FAN 電源コネクタ 幅 x 奥行き x 高さ
DIR-2221-SATA 3.5inch *1 2 9.5mm - SATA non SATA *1 101x146x25mm
iS2420-2S-S2 3.5inch *1 2 9.5mm - SATA non SATA *1 102x147x26mm
DIR-1040SS 5inch *1 4 15mm - SATA 40mm *2 4Pin *1 146x175x42mm
CV-EB6400-BK 5inch *1 4 15mm - SATA 40mm *2 4Pin *1
MB994SP-4S 5inch *1 4 15mm - SATA 40mm *2 4Pin *2
iS2880 5inch *2 8 15mm - SFF-8087 60mm *2 4Pin *2

Router

L2Switch

  • CG-SW08GTX
    • 1年ほど使用。ただのスイッチングハブだし、特に不満も無かった。

HP Procurve 1810G-24

VLAN

1810G-24はポートVLANという設定項目は無くて、802.1qタグVLANの設定で対象ポートをUntagにするとポートVLANになる

PortMirror
  • ミラーグループは1つ
  • 出力ポートも1つ
  • ミラー対象は各ポートとCPUが選択でき、方向はRx/Tx、Rx、Tx
  • VLANグループまとめるのは出来んのかもしらん。(試してない
LACP

環境

  • FreeBSD 8.1-RELEASE
  • HP ProCurve 1810G - 24 GE, P.1.17, eCos-2.0

設定

  • Procurve側の設定

    • Trunks -> Trunk Configuration
      • Createにチェック、Trunk Nameを指定してApply
    • Trunks -> Trunk Membership
      • 必要なポートのボックスをM(member指定)マークとL(LACP使用)マークにしてApply
  • FreeBSD側の設定(rc.confより抜粋)

    cloned_interfaces="lagg0"
    ifconfig_lagg0="create"
    ifconfig_em0="UP"
    ifconfig_re0="UP"
    ifconfig_lagg0="laggproto lacp laggport em0 laggport re0 192.168.1.31 netmask 255.255.255.0"
    

  • FreeBSD側の出力

    $ ifconfig lagg0
    lagg0: flags=8843<UP,BROADCAST,RUNNING,SIMPLEX,MULTICAST> metric 0 mtu 1500
            options=209b<RXCSUM,TXCSUM,VLAN_MTU,VLAN_HWTAGGING,VLAN_HWCSUM,WOL_MAGIC>
            ether 00:1b:21:4f:71:3b
            inet 192.168.1.31 netmask 0xffffff00 broadcast 192.168.1.255
            inet6 fe80::21b:21ff:fe4f:613b%lagg0 prefixlen 64 scopeid 0x7
            inet6 2001:380:e08:f7::38 prefixlen 64
            inet6 2001:380:e08:f7:21b:21ff:fe4f:713b prefixlen 64 autoconf
            nd6 options=3<PERFORMNUD,ACCEPT_RTADV>
            media: Ethernet autoselect
            status: active
            laggproto lacp
            laggport: re0 flags=1c<ACTIVE,COLLECTING,DISTRIBUTING>
            laggport: em0 flags=1c<ACTIVE,COLLECTING,DISTRIBUTING>
    

Planex SW-0208G

Planexの8ポートギガビットスイッチ。

使い道とか。

  • PortVLAN、TagVLANは出来る。
    • 設定画面が使いにくいので、設定されてんだかされてないんだか分かりにくい。
  • ポート帯域指定が出来る。
    • これまた設定画面が分かりにくい。
  • ポートミラーリングが出来る。
    • ポートミラーは1グループしか作れないが、MACフィルタが書ける。
  • 全ポートで同時に双方向1Gbps使うなんてことしなければ、基本的に1Gbps出る。
  • SFPが2ポート付いてるが、使うときはポート設定でFiberを有効にしないといけない。
  • 管理ポートが独立して存在してる。
  • ファンレス。
  • ファームウェアを2.0.0にあげると、SFPとRJ-45ポートでメディアコンバータとして使える。
    • 未実証。
  • Operaだとログインできない。

PC

ML115G1

GT110b

  • http://wiki.nothing.sh/page/NEC%20Express5800%A1%BFGT110b
  • 基本はECC/Unbufferedなメモリしか動かない。
  • スレにnon-ECCメモリが特定のCPUで動作した報告有。
    • ただし、CPU換装の必要有り。
  • VT-d,VT-xが有効にできる。
    • デフォルトだとVT-xのみ有効。
    • VT-dはBIOSで有効にしましょう。
  • GT110bのBIOS躓き
    • Serial Console RedirectionがEnableだとUSB経由のブートが全てこけた(USB-DVDも同様)。
    • 起動しようとしても、"_"の点滅で止まったり、"GRUB"ってなったり、"GRUB Loading Stage2..."とかでハングする。
  • 消費電力参考

CPUクーラー

  • PROLIMA TECH Samuel 17
    • FAN無
    • ケースに上手く収まる場合、12cmFANを装着するのに優秀なCPUクーラー。
    • 気づいたら3つも買ってた。
  • 桜扇 ISGC100
    • FAN付
    • 音はそれなり、冷却性能は普通。
      • Samuel 17 + 12cmFANの組み合わせが可能ならそっちの方が音/冷却共に優秀だと思う。

FAN

  • ENERMAX UCTB12
    • 12cmFAN、回転数900rpm、風量少なめ、音は静か。
  • SCYTHE SP1225FDB12H
    • 12cmFAN、回転数1200rpm、風量普通、音は少しする。

販社他


最終更新日: 2021-05-18 13:20:15