コンテンツにスキップ

Ubuntu

  • Landscape https://landscape.canonical.com/index.html
  • Ubuntu 18.04でsudoがやけに遅い場合の対処 https://serverfault.com/a/41820
  • Ubuntu 18.04以降ではインストール時にGitHubから信頼済み公開鍵をダウンロードしてくることができる。githubに置いてある公開鍵を指定してインストールすると、対になる秘密鍵を持っているユーザーはパスワードを設定しなくてもいい。
  • EDITORのデフォルトをvimにする: sudo update-alternatives --set editor /usr/bin/vim.basic

netplan

  • Live CDからインストールした場合は/etc/netplan/50-cloud-init.yaml
  • mini.isoからインストールした場合は/etc/netplan/01-netcfg.yaml
$ sudo vi /etc/netplan/50-cloud-init.yaml 

設定例

$ cat /etc/netplan/50-cloud-init.yaml 
# This file is generated from information provided by
# the datasource.  Changes to it will not persist across an instance.
# To disable cloud-init's network configuration capabilities, write a file
# /etc/cloud/cloud.cfg.d/99-disable-network-config.cfg with the following:
# network: {config: disabled}
network:
    ethernets:
        ens18:
            addresses:
                - 192.168.1.11/24
                - 2001:db8:1111::11/64
            gateway4: 192.168.1.1
            gateway6: 2001:db8:1111::1
            nameservers:
                addresses:
                    - 192.168.1.53
                search:
                    - ainoniwa.net
            optional: true
    version: 2

サービスの再起動で適用する場合は以下のコマンド

$ sudo netplan apply

dhcp4: yes の時にStatic Routeを設定する場合は、以下のように on-link: true を追加する。

dhcp4: yes
routes:
- on-link: true
  to: x.x.x.x/x
  via: x.x.x.x

apt

Debian系統で使うパッケージマネージャ

man APT(8): https://manpages.debian.org/stretch/apt/apt.8.ja.html

パッケージをアップデートするときのお手軽スニペット(Ubuntu 14.04/16.04では一部 apt-get に読み替えること)

apt -q update
apt -q -y upgrade
apt -y autoremove
apt -y autoclean
$ sudo apt update -q
$ sudo apt upgrade -q -y
$ apt-get autoremove -q -y
$ apt-get autoclean -q -y

Note

  • apt upgrade の実行後に /var/run/reboot-required が出来ている場合はOSの再起動が必要
  • linux-kernelをupgradeしていると /boot が溢れる可能性があるのでチェックする

Container

  • lxc
  • lxd

Docker

インストール

一般ユーザーでもdockerコマンドが使えた方が良いので、セットでいつもやる。(あんまり良くない

sudo apt update
sudo apt upgrade -y
sudo apt install -y docker docker-compose
sudo usermod -a -G docker $USER
sudo reboot

よく使うイメージ

メモ

Ubuntu 18.04だと docker build がエラー吐くときがある: https://github.com/docker/docker-credential-helpers/issues/103

$ sudo docker build .
double free or corruption (out)
SIGABRT: abort
PC=0x7f0d7bcc7e97 m=0 sigcode=18446744073709551610
signal arrived during cgo execution

とりあえずこうすると直る。

$ sudo apt update && sudo apt install -y gnupg2 pass gpg

最終更新日: 2021-06-03 02:30:40