コンテンツにスキップ

MAP-E(OCN)

CE(顧客)側でNATしてIPv6トンネルに入れるとBE(事業者)側のグローバルIPv4のポートレンジを使ってIPv4でインターネットに抜けられるというもの。

  • OCN IPoE接続環境確認サイト: https://v6test.ocn.ne.jp/
    • PPPoE方式かIPoE方式の判定ができる
  • MAP-Eのポートレンジ取得は rule.map.ocn.ad.jp らしいがAPI keyは不明(対応ルータの通信をあれこれすれば分かりそうなもんだが)
    • https://rule.map.ocn.ad.jp/?ipv6Prefix=
      &ipv6PrefixLength=&code=
    • 上記のサイトは接続方式によらず到達できるみたいなので、そこはあまり気にしなくても良さそう
    • マップのやり取りだけなのでどうでもいいことだけど、IPoE経由の方がRTTは優秀だった
      • IPv4: 40 ms / IPv6: 7 ms くらい
  • MAP-E計算機: http://ipv4.web.fc2.com/map-e.html

Ubuntu 20.04 + nftables

Ref: https://qiita.com/kakinaguru_zo/items/2764dd8e83e54a6605f2

conntrackで使用中のNATテーブルを見る

sudo apt install conntrack
conntrack -L

SNATのイベントを見張る場合は

conntrack -E -n 

あまりNATテーブルの状況が良くなければ、この辺でチューニングしてみる。

net.netfilter.nf_conntrack_tcp_timeout_time_wait

最終更新日: 2021-05-16 15:08:09