コンテンツにスキップ

Overview

bash

Power Shell

Aviutlでエンコ中の進捗状況を吐き出すだけのスクリプト

発想元 : http://d.hatena.ne.jp/bhunji2000/20100225/1267114839

#---------------------------------------------------------
#---- エンコード進捗率をそれっぽく吐き出すスクリプト
#---------------------------------------------------------

#---------------------------------------------------------
#---- $AviutlPath : Aviutlのパス
#---- $OutputMovie: ファイルの出力先パス
#---- $Filetype   : 出力ファイルの拡張子
#---- $Machine    : エンコード中のマシン名
#---------------------------------------------------------
$AviutlPath  = "C:\movie\aviutl"
$OutputMovie = "V:\anime"
$Filetype    = "mp4"
$OutputLog   = "Z:\data\txt\encoding.txt"
$Machine     = "KIYOKA"

#---------------------------------------------------------
#---- 日付とAviutlのエンコード残り時間取得(window名の取得)
#---------------------------------------------------------
$Date = Get-Date
$Run  = get-process | % {if ($_.mainwindowhandle -ne 0) {$_.mainwindowtitle}} | ?{$_ -like "*%*"}

#---------------------------------------------------------
#---- Dokuwiki用のフォーマットで記載する
#---------------------------------------------------------
Set-Content $OutputLog "====== エンコード状況 ======" -encoding UTF8
Add-Content $OutputLog "" -encoding UTF8
Add-Content $OutputLog "** $Date 取得(取得時間が古い場合、たぶん $Machine はお休み中です) **" -encoding UTF8
Add-Content $OutputLog "" -encoding UTF8

if(! $Run.IndexOf("%")){
        Add-Content $OutputLog "  * 現在、エンコード中のタスクはありません。" -encoding UTF8
}

#---------------------------------------------------------
#---- Aviutlで使っているbatchファイルの一覧取得
#---------------------------------------------------------
$AviutlBatch = @(Join-path $AviutlPath batch* -Resolve)

#---------------------------------------------------------
#---- バッチの名前の順で一覧を取得してるから、最初だけ出力中の%を出して、後は保留。
#---- 並び替えたときの動作までちゃんと見てない。
#---------------------------------------------------------
for( $count=0 ; $count -lt $AviutlBatch.Length; $count++){
    $Encoding = Get-Content -Path $AviutlBatch[$count] -TotalCount 1
    $Index1 = $Encoding.IndexOf($OutputMovie)
    $Index2 = $Encoding.IndexOf($Filetype) + $Filetype.Length
    $Encoding = Split-Path $Encoding.SubString($Index1,$Index2 - $Index1) -leaf
    if($count -eq 0){
#        Write-Host "$count : $Encoding : $Run"
        Add-Content $OutputLog "$Machine が頑張ってエンコードしてくれてます。" -encoding UTF8
        Add-Content $OutputLog "^  エンコード順序  |  エンコード対象  |  進捗率  |" -encoding UTF8
        Add-Content $OutputLog "^  $count  | $Encoding | $Run |" -encoding UTF8
    }else{
#        Write-Host "$count : $Encoding : エンコード待ち"
        Add-Content $OutputLog "^ $count | $Encoding | エンコード待ち |" -encoding UTF8
    }
}

Add-Content $OutputLog "" -encoding UTF8

C

最近は特に書いてない。

C-Sharp (C#)

  • PacketDotNetとSharpPcapを使ってpcapファイルをこちょこちょいじったり、キャプチャしたりして試してる。
    • PacketDotNetはpcapのデコード担当。
      • http://sourceforge.net/projects/packetnet/
      • ICMPv6のデコードするとき、未定義Typeを引っ掛けると例外投げる。ひどい。
      • そもそもCodeは定義すらされてない。例外投げないように書き換えて使おうか。
      • Packet.ParsePacket()で、上位レイヤまで一気にデコードしてしまう。
        • フラグメントパケットのデコードを中断しないため、TCPパケットがフラグメントした場合にHeader Lengthを読み違えて例外出す可能性がある
    • SharpPcapはデバイス操作担当。
  • PcapDotNet
    • http://pcapdotnet.codeplex.com/
    • PacketDotNetとは別物。
    • IPv6に対応してないので...(名前空間は準備されているように見える)
  • ユニットテストはNUnit使えばいいだろう。
    • でもテストケース書く以前に機能実装に手間取るタイプなので、手が回ってない。

perl

  • nagiosのプラグイン書くときは使った。
    • [[:management:centreon:hddtemp:start#centreon用のシェルスクリプト作成]]

PHP

公式リファレンス: http://php.benscom.com/manual/ja/funcref.php

  • 昔ストリーミングサーバーを書いていた時のメモ

    • mp3のhttpストリーミングとjpgのサムネイル自動生成とmp4/flvのFlash再生が出来る位。
    • gdでサムネ生成、flowplayerで動画をFlash再生してるだけ。
    • ソースコードどこに置こうかな。
  • 何でもかんでもstaticで書く運用。

    • static privateなパラメータ(変数)とpublic staticなメソッド(関数)ばかり使う。
    • 遅い速いもあるけど、理由はそれ以外の方が大きいかも。
      • newするのが面倒。
      • '::'で繋いだほうが見やすい。
      • newしたオブジェクトの管理が面倒。
      • たまたま作ってるものがオブジェクトを沢山作るんじゃなくて、単一の機能モジュールとして組み込む仕組みを考えてた結果傾倒してる。
  • PHPリファレンス(逆引き)
  • 画像もDBに
  • PHPでファイルをDLさせる際のPHPコード例
  • %F2問題
  • PHP Parse error: syntax error, unexpected T_STRING
    • short_open_tag = OnのときXML宣言がPHPに誤認される。Off確定。
  • Warning: Cannot modify header information - headers already sent by
    • header("Content-Type: image/jpeg"); のようにして任意のHTMLヘッダをくっつける場合に、 require('*.php'); 等がheader関数よりも前に存在しており、かつ読み込んだ*.phpの<?php ?>の外側に空白が存在する場合、空白を送信するためにHTMLヘッダが先に送信されてしまうためにWarningで止まる。
  • コード最適化63個位。
  • URL Routing周辺学習用。MVCモデルの基点的な。
  • PHPで生成したHTMLの先頭に半角スペースが入っているせいで、デザインが崩れている場合
    • include/requireしているファイルではBOM (Byte Order Mark)を使用しない。
    • <?php * ?>の前後に改行を入れない。
  • URL Routingについて
    • 確かに、"BaseURL/class/method/parameter"のようにURLを扱えるのは綺麗なんだけど、indexに対するアクセスとか中途半端なURLのエラーハンドリングはフルスクラッチで書くのは面倒すぎた。フレームワーク使った方がいいわ。
    • URLの動的生成時、マルチバイトが混在するとやっぱりメンドクサイ。
      • %2Fもそうだし、URLの見栄えもコレじゃ?使ってる時と似たようなもんだ。
      • DB使った登録参照方式なら、URLにマルチバイト使わない方法で別に問題にならない気もする。
  • Classのautoload参考。

__autoload

  • PHPでクラス実装をし始めたら、require_onceを多用することになった。
  • require_onceは遅い。
    • http://blog.apecell.com/2007/10/22/id/19
    • index.phpにrequire_onceがひたすら並ぶ。
      • 途中でrequire_onceするファイルが出てくる場合は尚更読みにくくなる。
    • どんだけ初期化に時間かかるんだ。
    • 最終的な出力に必要ないクラスまで読み込むとかいらなくない?
    • 後からクラス追加したらまたここに書くの?
    • プラグインを他の人が作ったら、require_onceする行まで書かなきゃいけないの?
  • requireで書く。
    • どうせ "PHP Fatal error: Cannot redeclare class" を頻発する。
    • 毎回class_existの分岐を書くとか面倒です。
  • $class = new Class;した時に、勝手にclassファイルをロードしてくれたら楽なのにね。
  • そうだね、autoload使おうね。
  • autoloadを実装すると
    • $class = new Class;すると、クラス名を引数にautoloadが呼ばれる。
    • じゃあ引数に合わせてクラス定義のあるファイルをrequireすればいいよね。
    • というコードを書く。
  • spl_autoload_register使って自分用に名前付けしたほうがいいよね。
    • まだあんまり実感わかないけど。
class CoreAutoload {
    public static function autoload( $class ) {
        //class already exists, return true;
        if( class_exists( $class, false ) || interface_exists( $class, false ) ){
            return true;
        }
        //extension setting
        $file = $class.'.php';
        $dirs = array('core/','plugins/');
        //search class file in directries
        foreach( $dirs as $value ){
            $path = $value . $file;
            if( is_file($path) ){
                require $path;
                return true;
            }
        }
    }
}
if(function_exists('__autoload')){
    spl_autoload_register('__autoload');
}
spl_autoload_register( array('CoreAutoload', 'autoload') );

javascript

nodejs

npm start すると、よく Error: ENOSPC: System limit for number of file watchers reached, になるのでこうやる。

$ cat /proc/sys/fs/inotify/max_user_watches
8192
$ sudo sysctl fs.inotify.max_user_watches=24288

npm

脆弱性のあるパッケージをアップデートする。

$ npm audit
$ npm audit fix
or
$ npm install -U <package-name>

Go

CSS

Protocols

gRPC

  • All-Active構成の複数サーバーに対してリクエストを分散しつつ、サーバー障害時にどうやって綺麗に切り替えるか(障害が発生したサーバーへのリクエストを別のサーバーに振り替えるか)

Memo

Web

Environments

  • Redmine
    • クラウドプロジェクト管理・Redmineホスティング | Planio(プラニオ) https://plan.io/ja/
  • Gitlab
  • YouTrack
  • VSCode (VisualStudio Code)

openproject

Git

  • "Filename too long": git config core.longpaths true

Github

公開鍵は https://github.com/${USERNAME}.keys にある。ainoniwaであれば https://github.com/ainoniwa.keys

BitBucket

Bitbucket API

#!/bin/bash
APP_KEY=$(cat bitbucket_app.txt)
BITBUCKET_API=https://api.bitbucket.org/2.0/repositories
GROUP=ainoniwa

for repo in ainoniwa-public-behavior
do
    curl -s -u "${USER}:${APP_KEY}" ${BITBUCKET_API}/${GROUP}/${repo}/issues?pagelen=100 > ${repo}.json
    jq -r '[.values[] | {id, title, state}] | sort_by(.id|tonumber) | .[] | [.id, .state, .title] | @csv' ${repo}.json > ${repo}.csv
done

Testings

Reporting

Cloud application

Principles

Code review

Team building

全文検索

  • namazu
  • Hyper Estraier
  • gonzui
  • OpenGrok
  • ...

最終更新日: 2021-06-06 09:29:57